ページビューの合計

2017年11月24日金曜日

ツールドシンカラ

こんにちは。三回生の栗田です。実は今インドネシアのツールドシンカラというUCIのレースに出場させてもらっています。結果は1日目でDNFでした。反省する点はたくさんあり、自分の弱い所も感じました。日々レースを走り続ける選手をみて悔しい思いもします。ですが今は選手のサポート(主にマッサージ)に全力を注いでいます。素人のマッサージで効果があるのかわかりませんがあると信じてやっています!今残っているのは関西大学の久保田くんですが本当に凄いです。日本にはない環境や日々の高強度レース、少し飽きて来たご飯を食べなければならないなど過酷なことが多い中でまだ走っています。

9日間のレースで今日で7日目。ここまで来たら完走してほしいです。他大学選手ですが今は同じチームメイト、残りも精一杯サポート頑張ります!!

2017年11月22日水曜日

念願のクラス2 真部

こんにちは2回の真部です。
11月19日(日)に行われた行田クリテリウムで2位となり、念願のクラス2に昇格することができました!

優勝できなかったことは残念ですが、2位でも昇格できたので嬉しいです。

<レースレポート>
1周2キロ×8周=16km
スタート位置は集団最後方。スタート後思うように前に出ることができず、最後方で中切れを埋めるようにしてギリギリ先頭集団にいる感じ。3周を終えたところで少ししんどくなってくる。
そして確か4周目、最終コーナーを回ったところで前方で落車。かなり減速するも止まり切れず前で倒れている人の背中に追突して落車。ケガは大したことなかったし、機材も大丈夫だったので迷わずニュートラルを選択して次の周回から再スタート。集団の前の方にうまく合流することに成功。何度か後方の選手に抜かれるも右側から強い風が吹く区間があり、集団全体が道路の左側を走っているところをその後の左カーブの直前で右側に出て他の選手が減速してカーブを曲がるを右側から抜くコツをつかみ脚を使わずに集団の前方に出ることができた。
最終周回、後半で法政の選手がアタックしてそのまま先行逃げきり。僕は最終コーナーを回った時点では5番手。コーナーを回ってすぐには誰もスプリントを仕掛けなかったので一度落ち着いてから僕が最初に仕掛ける。前の3人を抜いた後誰にも抜かれず2位でゴール。


今回昇格できた要因は主に2つあります。
それは運とメンタルです笑。

運とは落車をしてニュートラルを使えたことです。落車をするまでは集団後方にいたので中切れを埋めるのに脚を使いしんどかったのですが、ニュートラルを使ってガッツリ1周分休憩することができました笑。そして5周目あたりからフレッシュな状態で再スタートを切ることができたのは大きかったです。

そしてメンタルとはレース前に緊張しなかったことです。いつも昇格がかかったレースが近くなると1週間前から緊張してストレスで口内炎ができることはよくありました笑。メンタル弱すぎ…
なぜ今回緊張しなかったかというとレースの1ヶ月前から膝に痛みや違和感を抱えていて、まともに練習できていなかったので、これは昇格なんか無理だろうと思い、とりあえず楽しんで走ろうと思いました。そうしたら1週間前に不安を抱えるどころか前日の車での移動やレースが楽しみで仕方なくなりました。遠足気分です笑。
そのおかげで落車をしても妙に落ち着いていてその後も割と冷静な判断ができていたと思います。
最後にスプリントですが、いつもの僕なら焦ってフォームを意識せず全力でもがいていたので後輪が跳ねて全く地面に力が伝わっていませんでした。しかし今回はゴール前の場面でも焦ることなく落ち着いてフォームを意識しながら最後までスプリントできたので後輪が跳ねることはなく、いい感じに加速できました。

いままで去年の行田クリテから全てのクリテリウムで入賞はしてきましたが、いつも昇格とまではなりませんでした。なのでやっと昇格できたという気持ちで嬉しいです。

もちろんこれがスタート地点なのでインカレで勝負できるようになるまではまだまだ力が足りません。
まずトラックではB基準すら持っていないので、オフ明けのトラックの試合で基準を切ることを目標にオフトレを頑張ります!


iPhoneから送信

行田クリテリウム レースレポート

 お疲れ様です。

2回レース班 稲田杜音です。

2017/11/19

 RCS7戦埼玉行田クリテリウム クラス

このレースが今シーズンの出場する学連最終レースとしてのぞみました。

僕個人としては、ちょうど去年のこれくらいの時期にレース班に加入したので、自分がどれくらい成長したかも図れるのではないかなと考えていました。

結果から言うと先頭集団から離されてしまい

20位でゴールしました。

前回の白馬クリテリウムでは12位、またしても2桁順位でのゴールとなり 悔しいレースとなりました。 今回の反省点としては、集団の中の自分の位置をもっともっと前にすることが出来たと思います。そしたらもー少し楽に走ることが出来ました。 残り2~1周?ほどで ホームストレートでの集団の一瞬スピードアップについていけず、そこから集団の後ろを5~10秒遅れほどで独走する展開になりました。 1度離されてから我慢してついて行くことができ、そこまで差が広がらなかったので このレースで昇格を決めた真部にも言われたのですが 一瞬のスピードアップを我慢してついて行くことができれば、、、

こーゆーところが レースでの勝者敗者の分かれ道だとあらためて実感しました。

色々書きましたが、これらは僕が次のレースまでに努力を重ねれば全て解決することだと思うので 頑張ります!!

 今回のレースで同期であり、時期主将でもある真部が昇格してくれました!凄く嬉しい気持ちと、僕も負けっぱなしではだめだ!という気持ちにもなりました。真部とは 4回時のインカレでチームパーシュートを走る約束をしていますが、僕はまだまだ高いレベルで走る実力、権利がないので、これからも頑張って行きます!!

 次戦は 年が明けての神宮クリテリウムか西チャレになると思います。地道に練習を続けていきます! 

最後までご覧いただきありがとうございました。日頃から応援 サポートして頂いているマネージャー OB.OGの方々ありがとうございます。