ページビューの合計

2018年7月22日日曜日

6月7月の試合報告

平林 臣一
ここ最近の試合結果を報告します。

6月17日トラフェス(奈良競輪場)
・ハロン11.8
↪︎333バンクでダンシングのタイミングが遅くコーナーまでにスピードが上げきれなかった。

・ケイリン4位
↪︎予選は有力選手の後ろにつきゴールで後ろを確認して3番目で決勝に上がった。
↪︎始めて決勝に残った。しかし前3人に圧倒的な差をつけられての4位だったので勝負しきれていなかった。


6月24日清水・杉野杯(岸和田競輪場)
・スプリント6位
↪︎1/4決勝はイン側スタートで相手にかけさせる隙間を作らずに1周を終え、相手を見ながらスピードを上げバックでもがきましたが、相手の方が上手で4コーナーでまくられ、5-8位決定戦にまわりました。
↪︎5-8位決定戦はインから3番手スタートで1周目の4コーナーまでは牽制したままで2番手の選手が一気にかけたところについていきました。その後ゴール前で4番手の選手にまくられ6位となりました。かかった際に少し反応が遅れてしまい、結果まくることが出来たが出来るだけ、早くに気づき反応できる方が良い。

・ケイリン4位
↪︎予選は4番手出走で有力選手の後ろにつき、そのまま2番でゴール。しかし3コーナーで少し離されたので反応を遅れずに付ききることが課題になった。
↪︎決勝は6番手の一番後ろからで、前の選手が3周目で前に上がったので後ろについて上がった。2番手にいたの有力選手を被せるようになったが残り半周で前で接触があり2番手にいた有力選手を出してしまい、その後スラスラと1人の選手がついていき、その後ろを追いかけたが追いつかず、さらにゴール前でまくられてしまいました。接触があったもののもう少し早めのタイミングでいけたら2位に入れたと思い、また4位で表彰台にのれなく悔しかった。


7月8日大阪府選手権(岸和田競輪場)
・スプリント5位
↪︎ハロンのタイムが遅く1/4決勝は優勝候補と対戦した。いつもよりギア比を軽くして対戦に慣れてない相手の不意を付く作戦でインからのスタートをし、3コーナーの手前ででスピードを落として相手に前をいかせれた。その後相手をみながら走りかけたが不意を付けず力の差で圧倒された。
↪︎5-8位決定戦は2番手からでいつも通りのギア比で走った。4コーナーで1番手の選手がかけたのでついていき、バックでまくりそのままゴールした。今回は付くのに遅れることなく2コーナー空けてすぐにまくれたのでよかったです。

・ケイリン5位
↪︎予選はまたも有力選手につき後ろからまくる仕草をみせ、後ろを出させずに3番ゴールで決勝へ
↪︎決勝は2番手スタートだったが、前に1人入れて1番手の優勝候補の選手も後ろも見える位置にした。そして残り1周で後ろからの選手がかけてきたが先頭の選手が勝つと思ったので反応せずにいたが先頭の選手が反応出来ていなく不利な位置になってしまい、バックで追いかけ前4人に追いついたが4人全員並んでいてゴール前にまくるところがなく、ブルーバンドへ逃げてゴールをした。悔しくもまた接戦をものにできず表彰台に上がれなかった。

7月16日近畿地域選手権(向日町競輪場)
・スプリント5位
↪︎1/4決勝は高校1年生と当たり力の差ではこちらに優位であり、イン側スタートで後ろをかける進路を潰して相手をみながら走った。しかし4コーナーで集中力が一瞬切れ、それが相手にバレたのか進路を開けてしまった時に一気にかけられ完全に不意を突かれた。そして必死に追いかけるもゴールまで届かず5-8位決定戦に回ってしまった。
↪︎5-8位決定戦は残り1周まで牽制をし、自分が軽くかけたタイミングで1人がまくってきたのでバックで後ろから一気にまくり、そのままゴール。そろそろスプリントで1/2決定戦までは上がって4人での対戦はやめたいです。

・ケイリン1位
↪︎予選は有力選手がいたのでその選手がかけてきたタイミングで飛び出し、後ろにつき2番手でゴール。
↪︎決勝は6番手からスタートし、隊列が変わることなく並び順で走る。残り1周半で誰も動かなかったので、かけるタイミングを見計らっていたとき、残り1周のホームに入る前に1番手から5番手の選手全員が前を見たタイミングがあったのでそこで一気にかけたところ他は反応出来ず2車進以上空けた。バックで全員に追いかけられたがバックでの伸びには自信があり、車間は詰まらずホームまでコーナーで少し詰められたが2車進ほどあけてのゴールをした。
やっと表彰台にのれ、初めてが1位だったのでとても気分が良かったです。


来週もまたCSCというベロドロームで試合があり、インカレの舞台と同じなので、しっかり感覚を掴み、ケイリンで勝てるようにし、チースプでも2走目として最高の走りを出来るようにしたいです。

2018年7月21日土曜日

なんて日だ!! !

こんにちは。 レース班稲田です。

 今日行われた 学連普及大会 草津ナイトレースのレースレポートになります。

結果17位/35位

 連日続く猛暑ですが、ナイトレースということで18時半出走と、ふだんの学連レースと比べると遅めの出走となりました。

 コースはは1.3キロコースを10周回するコースとなっており、ゴール前は少し登り基調でした。

 個人的にレースが4つほど続く、1つめのレースなので、良い結果を出して弾みを出そうとしましたが、残念な結果となってしまいました。

僕のレースプランとしては位置を前々でレースを行い、圧倒的な脚があるわけではないので、ローテにはあまり加わらず、先頭を引かないで脚を貯めていき、最後の周回でアタックをかけた有力選手についていき、ゴール前で良い形でもがいて勝つ!といったものでした。

ローリングが解除され、スタートした時の位置どりは前から5番手ほどで、良いスタートを切れたなと思います。 そこから単発的なアタックを何人かがかけては集団ですぐに潰す、という展開が続きました。

今日のレースの反省点はめっっっちゃくちゃありますし、自分史上最低のレースをしたと思います。

反省点そのレースプランで、先頭はほとんど引かないぜ!!! って言いながら自分史上1番ひきました。 これによって自分の走行の技術力の無さと、ひいても勝ち切る脚のなさの2つがわかりました。前々の意識ももちろん大事なのですが、位置どりを意識しすぎた結果ただでさえない脚で無駄足を使ったなあと思います。

 反省点その最後の1周回の時点で先頭に立って、そこから少しの牽制がかかった後のペースアップに完全についていけませんでした。ここで僕のレースは終了。終わり。THe ENDです。

ここでついていける脚を残すために、脚を溜めれていなかった、そもそも脚がない。

反省点その3 最後の一周で集団前方で脚が急に死んで急激にペースを下げてしまったり、フラついて走ってしまったり、、他大学の選手に落車の危険を作る走りをしてしまったこと。 レースを終えてから、何人かの選手に謝りました。みんな優しく許してくれたのですが、僕のレース経験の薄さ、技術力の無さがモロに出しました。。。

数少ない良かった点 前でレースできた。終わりです。。

ちくしょー!!!めっちゃくちゃ悔しいしです。応援してくれた皆にも申し訳ないです。

2周目でゴール前で先頭ひいてた時に、余裕で~す。っていう顔をしてた自分でしばきたいです。。

この落ち込みは今日までにして、明日か来週の白馬に向けて練習し、気持ちをも一度強く持って挑んでいきます!!!!

これからも応援よろしくお願いします!!

鍛える夏

 お疲れ様です。一回生の三浦です。
とてつもなく暑い日が続いていますね。 外に立ってるだけで汗が噴き出してきます…熱中症にお気をつけてお過ごしください。

 先日2日間に分けて一年生レースが行われました。(1日目:山 2日目:夢洲周回) 2班に分けてレースのスタート場所に向かったのですが、とても先輩方の巡航速度が速く着いた頃にはだいぶ足にきていました。
レースが始まった直後、他の選手方はスイスイと登られてあっという間に突き放されてしまいました。 

 その後何投か登りが続き、平林先輩に後押しされ少しだけ近づけることができましたが、足が回らず追いつくことができませんでした。 その時に先輩から「他の人よりパワーがあるねんから、パワーで追いつくしかないんや』と言われたことをよく覚えています。結局その日は0ポイントで終わる試合となりました。
 試合終了後も練習が続き、帰り道に左太ももが痙攣して攣ってしまいました。初めて練習で攣ったことにかなり驚いています。なんとか帰ることができたのですが、結局疲労と痛みが引かなかったので2日目のレースはDNSとなりました…。自分の体力不足と経験不足が問題だという事を痛感しました。

 今月の28,29日にかけて白馬クリテリウムが行われます。自分にとって初めての試合で不安しかないですが、今の自分の実力を知る良い機会になると思うので精一杯頑張りたいと思います。

 もうすぐ夏休みが始まります!自分は出場しませんが8月中旬に行われるインカレトラックにサポートとして行くのでしっかりサポートして、吸収できるとこは吸収していきたいです。また、この夏休みは自分の肉体改造に力を注ぎたいと思います。 ケイデンスを上げて走れるようになる事、巡航速度を上げる事、ペダリングを綺麗にする事、持久力を上げる事など課題はたくさんあるのでしっかりと練習して行きます。 

余談ですが同じ苗字でもある大経大の"雷神"こと三浦先輩についていけるように努力していきたいです!